4/11/2017

Master Guitar 修理

しばらくの間、ライブの予定もないので、Master Guitar を修理に出しました。写真のように亀裂というか割れ目が目立つようになったからです。

製造元の御茶ノ水カワセ楽器店に、雨の中、高速を使って朝イチで持って行きましたが、田舎に住んでいると半日仕事。

ご店主によると、クラックの一番の原因は過乾燥。特に最近は電気のエアコンを夏でも冬でも使う家庭が多いので、乾燥してしまうそうだ。そういえば我が家も、思い当たるふしがある。収納場所を乾燥しない別の部屋に変えないとダメだなあ。

このギターは学生時代に、当バンドのボブが購入したものですが、ここ10年ほどジョンが借りっぱなしという何とも申し訳ない状態。ご店主によればこの時代の Master は、環境保護のため伐採禁止になったハカランダ製の逸品。

買ったときの値段の10倍は現在する、という恐れ多いギターなのだ。 ネックやボディーの状態も悪くない、とお墨付きですので、大切に引き続きお借りします。

3/27/2017

WFC Vol.7

WBC(World Baseball Classic) は惜しくもベスト4でしたが、我々の誇る WFC (World Folksong Classic) は第7回のライブを迎えるまでになりました。

オリジナルグループの枠を超えてキングストン・トリオの音楽を追求しようと有志が結集して始めたWFCも3月25日に全25曲の集大成を発表しました。

WFCの当初は、普段なかなか演奏できない Dave Guard 時代の聞きなれない曲を中心に取り組んできましたが、最近は John Stewart の名曲なども取り上げて幅広く展開。

演奏ダイジェストの前半はこちらからご覧になれます。

後半はこちらからどうぞ。

3/20/2017

アメリカンフォークの共演

ブラフォー、PPM、キングストンのアメリカン3大フォーク・グループをカバーするバンドの共演が3月18日開催されました。レバリーズ・フォーとして10数曲を演奏することができました。

その模様、ダイジェスト版はこちらからご覧になれます。

ライブは、ゆりかもめ芝浦埠頭駅にほど近い、「ピアシティエリア」のオアシス、PIASIS で行われました。同会場はガラスに囲ま れた 高級感あふれる店。小規模の演奏会などには最適の場所のようですね。

共演は、元グループサウンズ、「ザ・サベージ」のリーダーとしても活躍されたOさんなどが、アマチュアの演奏できる機会を増やす活動の一環として企画したもの。年1回でもこうした場が持てればいいですね。

一緒にすばらしい演奏を披露してくれた Reunion, Sunny Side Topの一部演奏はこちらからご覧になれます。抽選会もありました。

3/13/2017

土日の練習

3月11日(土)はWFCの総合練習がありました。高田馬場の LoanStar Cafe を借り切って11時から4時まで10分刻みで、20数曲をメンバー入れ替えとっかえ。

その模様ダイジェスト映像はこちらから。

3月25日のWFC春季発表会は曙橋バックインタウンで開催されます。

一方、レバリーズフォーは、3月12日(日)新所沢の貸スタジオを4時間借り切って、ライブ演奏曲10数曲を練習。

いよいよ18日は、芝浦のピアシスでアメリカンフォークの祭典です。ブラフォーはレバリーズ、PPMはリユニオン、キングストンはSunny Side Top が演奏します。

練習の模様はこちらの録音です。


3/07/2017

3月18、25日のライブへ向けて

キングストン大会が終わっても、練習は続きます。3月18日(土)には芝浦ライブ(レバリーズフォー)、25日(土)にはWFCライブ(曙橋バックインタウン)。

これらへ向けて、2月25日、26日、3月4日と、各所で練習がありました。練習の模様一部はこちらからご覧になれます。

3月11日、12日にも高田馬場(WFC)、新
所沢(レバリーズフォー)で総合練習です。

2/19/2017

第31回キングストン・トリオ大会

2月18日にバックインタウンで開かれた同大会は、何と第31回、16年目に突入です。

キングストン一筋(でもないか)、16年もお世話になりっぱなしで感謝感謝の今日この頃。8バンド出場の各演奏も年ごとに充実、元気いっぱいでした。

レバリーズはブラフォー大会と同様、4曲すべてボブ・ディランの曲をキングストント・リオがカバーしたものを演奏。 そのうちの一曲 Tomorrow Is A Long Time は一時4バンドも演奏予定のダブりでした。

レバリーズの演奏はこちらからご覧になれます。

大会の模様はまもなくこちらからどうぞ。

2/13/2017

第16回ブラザーズ・フォア大会

2月11日に曙橋バックインタウンで開催されたブラフォー大会は今回で16回目。レバリーズ・フォーは初回からの連続出場になりました。

今回は9バンドの出場で、どうやら同時期に行われるPPM大会やキングストン大会の演奏バンド数を超えた模様。

ブラフォーバンドの熱心さには定評があり、今回も1970年代に来日し、NHKで演奏した曲目を、使用ギターメーカーなども同じにして演奏するバンドもあり、注目を集めました。

レバリーズの演奏は4曲すべて ブラフォーがカバーしたボブ・ディランの曲。演奏の模様はこちらからご覧になれます。

昨年マークピアソンから、彼が長年使用したギターを譲ってもらった某氏もそのギターを抱えて演奏するなど、見所満載。 他8バンドの演奏ダイジェストも  こちらからご覧になることができます。 (演奏順に、  Rotten Sardines, The Riganets, ARAOGI Brothers, Four by Four , Forever Four, Clouds, Welkins, Echo Brothers )

(土)のキングストン大会にもレバリーズは出場します。こちらもボブ・ディラン特集。乞うご期待。